設備

練馬さくら歯科の最新の設備をご紹介します。

Microscope (歯科用顕微鏡)

当院では、マイクロスコープにより患部を拡大し、非常に精密な治療を行っています。 「マイクロスコープ」とは、歯を拡大して見ることのできる顕微鏡です。今まで肉眼では見ることができなかった歯の細かい凹凸や、小さなむし歯、歯の根っこなどを見ることができます。患部の状態を詳しく把握できるので、むし歯を削る量を必要最小限に抑えたり、より精密な詰め物を作ったりするなど、より適切な治療を行うことができます。

CT (歯科用コンピュータ断層撮影レントゲン)

従来のレントゲン写真は、2次元画像(平面画像)で表示されます。そこから立体的にイメージして治療を行っていました。しかし、口や顎の形、骨の密度、親知らずの位置などは複雑で、平面から読み取ることは非常に難しいです。インプラントを適切な位置に埋入するためには、3次元(立体)で撮影できるCTが不可欠です。お口の状態を詳しく把握して正確な処置を行っています。

Dental X(患者管理データ管理ソフト)

お口の中の写真を、院内で、すぐにご覧頂けます。また、画像を管理して、治療後の定期検診をサポートします。初診時には、検査結果と写真を、お渡ししています。

Sterilization (滅菌処理機)

歯を削るときに使う器具は、全ての患者さん毎に交換、滅菌しています。 治療器具に付着した、目に見えない細かな汚れを専用の器械で滅菌・洗浄します。

受付

お気軽にお声をおかけください

もっと詳しく

託児

プレイルームで楽しめます。

もっと詳しく

院内新聞

毎月発行してます。

もっと詳しく